脇汗 止める 方法

脇汗以外に臭くなる要因とは

脇の臭いの要因の大半が汗ですが「大半」であって「全部」ではありません。
汗のケアをどれだけ頑張っても臭いが収まらないのであれば、他の要因を疑いましょう。

 

身体の内側の不調

意識できない場合が多いですが、身体の中の病気や不調が
「脇の臭い」という形で現れるケースがあります。

 

例えば、脇の臭いと貧血は、印象としてはほぼ関連がなさそうですが、
貧血になると身体の中の酸素が足りなくなり、エネルギーに関する代謝が衰えます。

 

すると、身体の中に蓄積した乳酸を利用して、なんとかエネルギーを生成するのですが、
その時に臭いの要因成分が作られてしまいます。

 

さらに、便秘に陥れば腸内で老廃物が過剰発酵を起こし、有害ガスが発生してしまいます。
それが腸内で吸い取られ血液に混ざり、全身に回るため、口臭や脇の臭いが強くなります。

 

ホルモンバランスが狂う事でも臭いが強くなるケースがあり、
皮脂が大量に発生して毛穴に詰まり込み、酸化して臭いの元になる事があります。

 

これらの事は脇のみならず、全身で起こり得ます。

 

誤ったダイエット

誤ったダイエット方法によって、脇の臭いが悪化する場合があります。

 

良くないダイエットをすると、数字上のウエイトは落とせても、
代謝が良くなるどころか悪くなり、脂肪が燃えにくくなります。
断食など極端な方法を取ると、この状態に陥りやすいです。

 

そうなれば、エネルギー代謝も落ちるので、
身体は正常時とは異なり、脂肪酸を使いますが、これを分解する最中に、
「ケトン体」という名の、臭いが強い物資を生成してしまいます。

 

加齢

いわゆる加齢臭ですが、これも大半の要因は皮脂の酸化です。

 

加齢臭は男性に目立ちますが、
これは男性の方が臭いの要因となる皮脂を多く持っているからです。
たた、近年ではホルモンバランスの狂いから、女性でも多量に皮脂が発生して、
加齢臭を発生させてしまう事例が増えているようです。

 

加齢臭の原因はその大半が食事習慣にあります。
お酒やたばこは控え、さらに中性脂肪も減少させ、
乳製品や肉類よりも、魚や野菜がメインのメニューに改めていきましょう。
手汗 止める