脇汗 止める 方法

脇汗ケアのための洗い方と洗い過ぎに注意!

脇汗をケアするための対策として身体を洗い過ぎたりしていませんか?
脇汗の臭い対策を間違えるとむしろ臭いが激しくなったりしますから注意しましょう。

 

正しい身体の洗い方

身体をきれいにするには身体を洗いますが、洗い方が適切でないと
むしろ逆効果で体臭が強くなることに注意しましょう。
皮膚には皮脂がありますが、心地よい匂いを出す細菌の「表皮ブドウ球菌」は皮脂や汗が餌になり、
弱酸性の脂肪酸を出して皮膚の表面を健康な酸性状態に保っています。

 

ところが石鹸などはアルカリ性ですから、それを使って身体を洗い過ぎると、
善玉菌の表皮ブドウ球菌に必要な皮脂を洗い流してしまいます。
そうすると表皮ブドウ球菌が減ってしまい、代わりに有害な悪玉菌が繁殖し、アンモニアや硫化水素などの
悪臭を発生させることになります。
したがって、正しい身体の洗い方は適度に石鹸を使い優しく洗うことなのです。

 

肌にある善玉菌と悪玉菌

肌は細菌の住み場所になっていて、善玉菌の表皮ブドウ球菌と悪玉菌の代表は黄色ブドウ球菌です。
先にも述べたように酸性の肌を好む善玉菌は心地よい匂いを出しますが、
アルカリ性を好む悪玉菌が嫌な臭いを出します。
したがって汗の嫌な臭いを出す黄色ブドウ球などが増えすぎるのを抑えれば汗臭さは減ります。

 

これでお分かりのように、身体を洗う時に弱酸性の石鹸を使えば善玉菌が減り過ぎることはありません。
石鹸の多くはアルカリ性ですから、それを使い過ぎると善玉菌が洗い流されてしまい
悪玉菌が繁殖します。

 

強く肌をこすると悪玉菌が増える

一般の考え方では強くゴシゴシと洗えば身体がきれいになると思いますが、これは反対で、
強く洗い過ぎると善玉菌が洗い流されてしまい、しぶとい悪玉菌が残るのです。
シャワーを浴びだけで善玉菌の80%は洗い流されてしまいます。
したがって、強く肌をこすると善玉菌はますます減ってしまうのです。
善玉菌を肌に残しておくには泡で優しく丁寧に身体を洗うことが必要です。BLIS M18